FX副業ナビ
初心者にも分かりやすいFX入門

FX初心者のための英ポンドの特徴|金利予想解説

高いボラティリティ

かつての基軸通貨です。

第一次世界大戦、第ニ次世界大戦という2つの世界大戦を経て、英国の国力はどんどん後退し、米国に抜かれてしまい、それに伴って基軸通貨の座からも滑り落ちてしまいました。現在、英ポンドの取引量はドル、ユーロ、円に次いで世界第4位です。

このように、先進国通貨のひとつではありますが、英ポンドの取引量が他の先進国に比べて少ないことから、ポンドの為替レートは、比較的、乱高下しやすい性質(ボラティリティが高い)を持っています。そのため、個人投資家のなかには投機性を重視して取引するケースもあります。

そのため、価格変動が大きい通貨でレバレッジを高めてポジションを取るのは、十分な注意が必要です。

ユーロとの関連性をチェックする

英ポンドの値動きの特徴としては、ボラティリティが高いことに加えて、ユーロとの関連性もあります。

イギリスはユーロ圏をはじめとする欧州経済圏に属していますが、現状、ユーロには加盟していないため、その為替レートはユーロと反する動きをする傾向があります。

また、欧州債務問題のようにユーロに対する信認が低下したときも、ユーロに加盟していない英ポンドが買われやすくなります。英ポンドの値動きをみるときには、絶えずユーロとの関連性から考えるのがポイントです。

英ポンドの特徴

通貨の特徴 欧州の統一通貨である「ユーロ」が誕生した後も、ユーロには加盟せず、独自の通貨を維持しているのが英国。ドルの前の基軸通貨でもある。ドルやユーロに比べて、外国為替市場での取引量が少ないため、値動きは荒くなりがち。そのため、投機マネーが入るケースも見られる。ユーロが売られるときには、逆に英ポンドが買われる傾向もみられる。
注目される材料 ユーロの動向→ユーロが売られるときには英ポンドが買われ、ユーロが買われるときには英ポンドが売られる傾向がみられる。 ユーロ経済圏の景気動向→ユーロ経済圏が堅調に推移しているときは英ポンドが買われ、逆にユーロ経済圏が不調のときには英ポンドが売られる傾向がある。 金利動向→イギリスの中央銀行であるイングランド銀行が政策金利を引き上げると英ポンドは買われ、 逆に政策金利を引き下げると英ポンドは売られやすくなる。 原油価格の動向→イギリスは北海油田を持っているため、原油価格の動向が英ポンドの値動きに影響を及ぼすケースもみられる。 基本的に原油価格が上昇しているときは英ポンドが買われ、 原油価格が下落しているときには英ポンドが売られる傾向がある。 政策当局者の発言→イングランド銀行の総裁など、要人の発言内容次第で英ポンドの値動きが影響を受ける場合がある。
運営会社・お問い合わせ
Copyright(C) 2015 FX副業.biz All Rights Reserved

Warning: include(./hosoku.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/imakita/xn--fx-6m5c158f.biz/public_html/inc/footer.php on line 16

Warning: include(): Failed opening './hosoku.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.0.30/data/pear') in /home/imakita/xn--fx-6m5c158f.biz/public_html/inc/footer.php on line 16