FX副業ナビ
初心者にも分かりやすいFX入門

FX初心者の基礎用語|通貨ペアとは?

様々な通貨を取引ができる

世界の通貨を学ぼう

世界には多くの国と多くの通貨があります。FXとは、2つの通貨(この組み合わせを通貨ペアと言います)の交換レートの値動きに対して投資できる金融商品です。

しかも、FXは証拠金を担保に取引するため、あなたが証拠金として入れたであろう「円」を介さない通貨ペアのトレードですら可能です。為替レートは、通貨と通貨の交換レートだから、通貨の組み合わせの数だけの通貨ペアが存在します。

例えば、「ユーロ」と「ドル」と「円」の3種類の通貨の場合を考えてみましょう。この場合、それぞれの組み合わせである「ユーロ/円」、「ドル/円」、「ユーロ/ドル」 の3種類の通貨ペアができます。

実際に取引する際の知識としては、米国・ユーロ・日本・イキリス・スイスを中心に、カナダ、オーストラリアの通貨ぐらいのメジャーなものだけで十分と言えます。一般的にも、ここまでを「メジャー通貨」に当たると考えていいでしょう。

通貨は米国を中心に動いている

世界経済でも、為替市場でも、米国以外の国の存在感が増してきていますが、まだまだ世界は米国を中心に動いていると言えます。米国の通貨である「米ドル」は、まさしく世界の基軸通貨(キーカレンシー)として機能しています。実のところ、FXでも米国中心、「米ドル」中心に考えると、わかりやすくなることが多い。

一方で、FXではニュージーランドや南アフリカ、トルコなどの経済的にマイナーな国の通貨も取引することが可能となっています。 これらはマイナー通貨と呼ばれ、高金利という魅力の一方で、経済規模が小さく不安定で、自分の大切なお金を預けるには不安要素の方が大きいです。

FX会社はたくさんありますが、その中でも最も多くの通貨ペアを扱っている取引会社は、170種類程度の通貨ペアを取引することができます。

通貨ペアは実際そんなに必要ない!

しかし、実際はそんなに必要ありません。 マイナーな通貨になればなるほど情報も少なく、変動幅も大きくなりやすいため、取引をする際には気をつけなければなりません。

FXを始めるなら少なくとも最初はメジャー通貨、特に一番馴染みのある「ドル」、「円」、「ユーロ」、「ポンド」の組み合わせから入るのがオススメです。情報量も豊富な上、取引コストとなる売値と買値の差(スプレッド)もマイナー通貨と比べると狭く、有利に設定されています。メジャー通貨を取引することは、為替相場自体の勉強にもなります。

対ドルの通貨ペア (「ユーロ/ドル」、「ドル/スイス」、「ポンド/ドル」、「ドル/円」など) を「ドルストレート」。対円の通貨ペア (「ユーロ/円」、「ポンド/円」、「フラン/円」など)を「クロス円」と呼びます。 「豪ドル」、「NZドル」、「カナダドル」などは資源国通貨と呼ばれることもあります。その名の通り、資源が豊富な国なのでコモディティ市場との関連が強い性質に注目が集まったりもします。

また、スイスは永世中立国なので、戦争やテロなどが起こった時などはリスク回避目的に買われることがあります。以前は「有事のドル買い」という言葉の通り、戦争などが起こったらドルを買うのが一般的でしたが、2001年同時多発テロ以降は、「有事のドル売り」とも言われています。また、最近は金融危機のリスク回避などに「円」が買われる動きが特徴的だったりもします。

運営会社・お問い合わせ
Copyright(C) 2015 FX副業.biz All Rights Reserved

Warning: include(./hosoku.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/imakita/xn--fx-6m5c158f.biz/public_html/inc/footer.php on line 16

Warning: include(): Failed opening './hosoku.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.0.30/data/pear') in /home/imakita/xn--fx-6m5c158f.biz/public_html/inc/footer.php on line 16