FX副業ナビ
初心者にも分かりやすいFX入門

FX初心者の基礎用語レバレッジとは?

まずは低レバレッジで始めよう

FXは1万通貨が取引の基本単位であり、10万円あればたいていの 会社でイメージ取引が可能です。 これはレバレッジという一種の魔法が可能にしています。 レバレッジとは、証拠金を担保に、預けた資金の何倍もの取引かできるという仕組みです。

なぜこういうことか可能かと言えば、FXでは差金決済を行っているからです。顧客の損失が証拠金額に達した時に強制決済される仕組みで、FX会社はポジションの総代金を受けなくてもリスクが釣り合うために少額の資金でのトレードが可能となります。 実際にFXには、少額の資金でのトレードを目的にした人が多いです。

レバレッジって具体的には?

レバレッジの仕組みを理解

レバレッジとは「テコの原理」と訳されるのが一般的です。実際の運用資金の何倍もの取引をすることができる仕組みです。

これは使い方次第で、大きな利益を生むことかできる反面、大きな損失を被る可能性もあります。

また、一般的にレバレッジが高いとリスクが大きいと思いがちだが、その仕組をしっかりと認識すれば、その効果をより有効に使うことができるようになります。 少ない資金で大きな利益を出すことができるこの仕組みは、FXの醍醐味でもあります。

みんなハイレバを誤解している

レバレッジは多くの人に誤解されていると思います。 レバレッジとは持ったポジションに対して拘束される資金の割合を示している。決して、レバレッジ50倍設定のFX会社に100万円入れて取引したら100万円×50倍で5000万円の取引を強要されるといったものではありません。

通常1万通貨単位で保持する通貨の総金額に応じて、拘東される資金が決まります。大切なのは自分が持つべきポジションの数や量なのであって、レバレッジが何倍かが大事なのではありません。自分がレバレッジ何倍の取引ができるかを考えるのではなく、自分がどれだけの損を許容できて、その額はどれだけの通貨を持った場合の何ポイント動く分に相当するのかを考えることが重要です。

そして、もしレバレッジを気にするのであれば、それは取引会社のレバレッジではなく、自分の資産の額と持っているポジションとの比率を考えるべきでしょう。 レバレッジを気にする際には、ただ単に「倍率が高いと危険」というだけでなく、自分なりの実質的な数値 (つまり、「取っていいリスク」と 「取っているリスク」が現在どうなっているか) を計算してコントロールする必要があります。この点をきちんと理解すればレバレッジは怖いものではありません。

レバレッジ5倍の場合

レバレッジ5倍の場合

レバレッジ25倍の場合

レバレッジ25倍の場合

余剰金と証拠金の合計額は入金している額から見ればどちらも1倍

運営会社・お問い合わせ
Copyright(C) 2015 FX副業.biz All Rights Reserved

Warning: include(./hosoku.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/imakita/xn--fx-6m5c158f.biz/public_html/inc/footer.php on line 16

Warning: include(): Failed opening './hosoku.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.0.30/data/pear') in /home/imakita/xn--fx-6m5c158f.biz/public_html/inc/footer.php on line 16